LX-100 series - セレクト構成

LX-100 series つかいやすさと高機能を追求したレコーディングユニット

LX-100シリーズは、お客様のニーズに応じた構成を実現していただくことができます。

セレクト1:本体選択

LX-110:
スタンダードモデル
LX-120:
高機能モデル
スタンダードモデルに、多彩なサンプリング系列、タコパルス入力、
ジェネレーター出力機能を追加した高機能モデル

周波数

LX-110:
96kHz系列、低速サンプリング系列
LX-120:
96、102.4、65.536、100kHz系列、低速サンプリング系列

セレクト2:チャンネル選択

LX-110/120共通:
本体8/16チャンネル

拡張ボックス(オプション)16チャンネルを使用すると1台で最大32チャンネルまで収録可能。

  • ユニットは4台まで同時収録が可能(32チャンネル×4ユニット=最大128チャンネル)
  • ユニット接続には、オプションキットが必要です。
拡張ボックス

セレクト3:アンプ選択

DCアンプ:
DC入力アンプ[AR-LXDC100]
PAアンプ:
電圧出力型センサ(PA)入力アンプ[AR-LXPA100]
  • DC入力共用
  • ハイパスフィルタ+聴感補正IEPEタイプの加速度センサやマイクロホンが直接接続でき、外部センサアンプが不要。
  • TEDS対応でミスのない設定が可能
ひずみアンプ:
ひずみ入力アンプ[AR-LXST100]
  • DC入力共用
出力アンプ:
電圧出力アンプ[AR-LXAO100]
  • 低速サンプリング対応

アンプ&チャンネル数:組み合わせ一覧

アンプ&チャンネル数:組み合わせ一覧

セレクト4:記録デバイス選択

内部メモリー
内部メモリー+PCカードドライブ

内部メモリー:
標準装備64MB 最大576MBまで増設可能
PCカード:
32GBまでのPCMCIA TypeⅡまたは、コンパクトフラッシュ
  • IEEE1394またはEthernet経由で、PCのハードディスクへ直接記録も可能です。
    スループットIEEE1394 約1.6MB/s, Ethernet約1.6MB/s

セレクト5:インターフェース選択

IEEE1394:
PCへの高速スループット収録
Ethernet 100BASE-TX:
ネットワーク経由での収録

100BASE-TXの使用で、遠隔分散型の多チャンネルデータ収録システム構築も可能です。
遠隔地の各本体の内部時計を同期させ、ネットワークに接続された複数台の収録をコントロールします。
本体に収録されたデータをネットワーク経由で収集することで、各現場でメディア回収する手間がなくなります。

ネットワーク概念図

ネットワーク概念図

セレクト6:コントロール選択

PC:
付属品の制御ソフトウエア[LX Navi ]からフルコントロール
リモコン:
オプションのリモートコントロールユニット[ER-LXRC100]利用で、スタンドアロンで操作
  • 記録開始・停止は本体単体でも操作可能です。
LX Navi画面、専用フルカラーリモコン(ER-LXRC100)

※仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。

PAGE TOP