WX-7000 series

導入事例:鉄道

鉄道は、利便性に優れ環境負荷の小さい輸送手段として、近年注目を集める交通機関です。 その高い安全性や信頼性を維持するため、車両の構造、運行や保守は最高水準が求められます。
WX-7000は、高速移動する車両の物理現象を捉え記録することで、その高い技術力の更なる進化への一端を担います。

WX-7000は、その特長である広帯域・多チャンネル・長時間記録を生かし、さまざまな鉄道技術に利用されています。

車両本体の性能向上

走行時の車体にかかる圧力、ひずみや振動などの計測・解析、ACT(Automatic Train Control)からの受信信号記録等、さまざまな観点から安全性や信頼性のさらなる向上をサポートします。

乗り心地の改善支援

走行時の内部騒音・振動などを分析することにより、さらなる乗り心地の向上へとお役立ていただいております。

環境への配慮

トンネル微気圧波や外部騒音などを計測・解析することで、鉄道における周囲環境への影響度の予測、摘出に一役買っています。

概略

Simple overview
PAGE TOP