WX-7000 series
生産性向上設備投資促進税制について
製品カタログ  ダウンロード

特長

さまざまなフィールドでデータを収録

周波数帯域 [80kHz 広帯域対応]

DC~80kHz、16bit、16ch、または、DC~80kHz、24bit、8chの広帯域、高分解能、多チャンネルの
スタンドアローン型データレコーダーです。

LX-110(DC~20kHz、16ビット、8chデータ記録スピード 768kB/sec)に対し、記録帯域で2倍、チャンネル数で4倍、計8倍(データ記録スピード6,144kB/sec)の記録性能を実現しました。

Bandwidth and Recording channels comparison chart

ダイナミックレンジ [100dB 対応]

24ビットADコンバーター採用で、従来機以上のワイドダイナミックレンジを実現します。

収録時間の大幅な増加 [Sony SIR-1000 の72倍]

1TBのRDXディスク使用時において、WX-7000はSONY SIR-1000の72倍以上の収録が可能です。
長時間の計測データ収録でもディスク交換の必要はございません。

信頼のおける頑丈なメディア

RDXドライブとSDカードの2種類を装備しています。

  • RDXディスクにより高速データ通信、多チャンネルそして大容量のデータ収録に対応
  • RDX SSDにより耐振動性・耐衝撃性を向上
  • SDカード(SDHC)による記録メディアの入手性を向上

最大128チャンネル

WX-7000本体1台とAU-WXEPIO入出力ユニット8台の構成により、最大128チャンネル収録可能。
また、2台同期接続により最大256 チャンネルを収録可能にしました。

高速データ通信

Gigabit EthernetによるPCへの高速データ転送が可能です。

WX Naviを付属

計測データ波形表示ソフトウェアWX Naviを付属しています。

データフォーマット

TAFFmat形式を採用しています。

TAFFMAT (TEAC Data Acquisition Data File Format)とは?
収録されたデータファイルが、PCアプリケーションから読み取るのことの出来るファイルフォーマットです。
収録データファイルはバイナリ形式、収録条件ファイルはアスキー形式で構成されています。

操作性

  • 視認性の高い、320×240ドット、3.5インチTFTカラーディスプレイを搭載
  • 操作ボタンは、グラフィカルなデザインで直感的な操作性を実現
  • 誤操作を防止するパネルロック機能も搭載
Intuitive operation

便利な付加機能

トリガ記録/メモ音声記録データのオーディオ再生など便利な付加機能も搭載しています。

外部接点入力による制御

外部接点入力による、記録再生の開始停止操作が可能です。

アナログビジュアルレコーダーVR-24と同期収録可能

2chの映像信号と4chのアナログ、CAN、GPS、パルスを同期して記録できるVR-24と同時中録画可能です。映像を同期させることで、現象の変化を視覚的に確認できます。 WX-7000シリーズを専用ケーブルで接続するのみです。また、PC上で専用ビュワーソフト(オプション)により波形と映像を同期再生します。

データ消失防止対策

電源の瞬停や不慮の電源喪失に備え、データの消失を最小限にする仕組みを採用しました。
WX-7000 は1 分ごとにデータのクローズ処理を行います。万が一の場合にも、長時間におよぶ記録データの全てを失う可能性を
減少させました。

データ記録中に予期しない電源遮断が起こった場合、直近でクローズ処理された部分までのデータは無事です。データの消失を最低限に押さえます。

UPS接続

無停電電源装置(UPS)からの停電信号により、安全な記録終了処理を実行します。

アナログ信号

  • アナログ入力回路のオフセット、ゲインの校正機能を装備
  • アナログ入力は、DC入力とICP™センサー入力が可能
  • アナログ入力レベルのモニターLEDを装備
  • 収録時のアナログモニター出力可能
  • 過大入力によるアナログ・フィルター入力部での飽和を検出
  • ICP™センサーへの供給電圧は、16チャンネル一括でDC24V、DC28Vの切換可能
  • ICP™センサーへの定電流はチャンネル毎に、0.5mA、4mAの切換可能
  • ICP™入力センサー時にはチャンネル毎に、信号線の断線検出を装備
  • ICP™センサーのTEDS情報読取機能を装備

※仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。

PAGE TOP