リアルタイム解析ソフト RT-View
(オプション品)

データロガー VR-24
VR-24にデータを記録しながら、RT-Viewを使用することによって本体のモニター画面で複数の解析データをパソコンなしでリアルタイム表示が可能になります。
さまざまなトリガオプションや自己/相互相関関数計算、表示設定、
ビューおよびズーム機能など、記録をしながらリアルタイムでの変更も可能です。
時間軸波形

時間軸波形

パワースペクトル

パワースペクトル

オクターブ

オクターブ

カラーコンター

カラーコンター

周波数応答関数

周波数応答関数

自己相関関数

自己相関関数

RT-View 動画はこちら

主な仕様

リアルタイム表示

表示グラフ種類 時間軸波形/FFT/パワースペクトル(密度)/周波数応答関数/コヒーレンス/自己相関関数/相互相関関数/パワースペクトルカラーコンター/オクターブ/デジタル
表示グラフ数 1/2
表示更新 シングル/連続

FFT設定

ライン数 16~65536(2のべき乗ステップ)
平均化処理 1~128(2のべき乗ステップ)
オーバーラップ FFTライン数の0~75%(25%刻み)
ウィンドウ関数 Rectangle/Bartlett/Hanning/Hamming/Blackman/Flat Top/Low Sidelobe

時間軸波形

チャンネル 最大4ch(アナログのみ)、任意に選択
カップリング DC/AC
トリガ なし/オート/レベル、プリ領域を表示エリアの0~100%(10%刻み)で選択

FFT/パワースペクトル(密度)

チャンネル 最大4ch(アナログのみ)、任意に選択
Y軸 RMS/PEAK/dB(PEAKはFFTのみ)
平均化処理 リニア/ピークホールド
3D表示 あり

周波数応答関数

表示チャンネル 任意の1組(アナログ2ch)を選択
Y軸 リニア/dB
推定 H0/H1/H2

クロススペクトル/コヒーレンス/相互相関関数

表示チャンネル 任意の1組(アナログ2ch)を選択

自己相関関数/FFTカラーコンター

表示チャンネル 最大4ch(アナログのみ)、任意に選択

オクターブ

表示チャンネル 最大4ch(アナログのみ)、任意に選択
バンド幅 1/1/1/3
周波数ウェイティング なし/A/C
時定数 Slow/Fast/35ms
デジタル表示 L、Leq

デジタル表示

表示チャンネル 最大4ch(アナログのみ)、任意に選択
計算時間幅 0.3/1/3 秒
表示値 瞬時値(計算なし)/平均/RMS/最大/最小

※表示機能につき、解析/演算結果の数値やグラフ画像を保存することはできません。

VR-24ページへ戻る

PAGE TOP