ティアック データレコーダーサイト

LX-1000用CANモジュール AR-LXCAN1000

2021年2月発売予定

LX-1000用CANモジュール AR-LXCAN1000

インテグレーテッドロガーLX-1000に待望のCANモジュールが登場します。

※1 条件により、記録可能な実効速度に制限が発生する場合があります。
※2 記録したCANデータをLXK Navi等でモニターする機能です。CANデータを出力する事は出来ません。

入力ポート数 2
入力コネクター D-sub 9pin
対応プロトコル CAN 2.0A(11-bit 識別子)
CAN 2.0B(29-bit 識別子、拡張フォーマット)
ISO 11898-1:2015(CAN FD)
ボーレート ※1 125/200/250/500/1000/1250/2000/2500/4000/5000kbps
収録モード 丸取り/シグナル取り ※モードはLX全体で排他
IDフィルタリング数 32/ポート(丸取りモード時)
シグナル登録数 32/ポート(シグナル取りモード時)
再生 ※2 対応予定
バスモード Normal/Listen Only
CANdb対応 対応予定
間引きモード 10/20/50/100/200/500 ms、1/2/5 s
終端抵抗 切り替え可
上限記録レート ポート単位で設定可
記録フォーマット 独自フォーマット
シグナルモニタ 対応予定
絶縁 ポート間絶縁
構成制限 CANは最大4モジュール

詳細は、お問い合わせください。