ティアック データレコーダーサイト
LXシリーズに新モデル登場!
コンパクト設計で、最大64chまで増設可能!!
インテグレーテッドロガー LX-1000 Series

最大64chまで拡張可能

4ch単位のアンプ設計(CANは2ch)で、最大64chまで拡張可能です。

インテグレーテッドロガー LX-1016 16chモデル
インテグレーテッドロガー LX-1032 32chモデル
インテグレーテッドロガー LX-1048 48chモデル
インテグレーテッドロガー LX-1064 64chモデル

4台同期可能
最大256chまで対応

1ユニット最大64ch構成を4台同期させ、256chの同時計測に対応します。

インテグレーテッドロガー LX-1000 最大256ch

125dBのワイドダイナミックレンジ(FFTベース、AR-LXPA1000)
従来のLXシリーズを大幅に上回る125dBのワイドダイナミックレンジを実現します。
ファンレス対応
32ch構成までは、冷却用ファンを実装せず使用できる自然空冷方式(ファンレス)を採用します。
※AR-LXST1000を実装時は、台数によらず冷却用ファンが必要です。
充実のアンプバリエーション
アナログ入力(DC・AC・IEPE切り替え可)、アナログ出力、CAN*、ひずみ、熱電対*に対応します。
※アンプ構成変更は、ユーザー様サイドで行えます。
*CAN、熱電対は順次対応予定です。
パルス入力(2ch)
パルス入力(2ch)を標準実装します。
GPS入力
Garmin製GPS18×5Hzに対応したGPS入力を標準実装します。
大容量汎用記録メディアSDXCを採用
SDカード採用(SDXC/SDHC)により、8GB~128GBの大容量メディアに対応します。
SDXCSDHC
小型リモートコントロールユニットをラインナップ(オプション品
現場での直感的操作性に優れ、遠隔操作・データレベルの表示も可能になります。
Remote control unit ER-LXRC 1000 (option)
Remote control unit
ER-LXRC 1000 (option)
フィールドユースのためにバッテリーオプションを用意しました。
※VR-24用のバッテリーパック(NP-L7S)・チャージャー(JL-2PLUS)と共通です。
PCへの高速転送
1000BASE-TによるPCへの高速データ転送が可能になります。

PC制御用ソフトウエア(LXK Navi)

PC制御用ソフトウエア(LXK Navi)

LXK Naviで出来ること

  • 設定する
    ・記録先を設定する。
    ・測定条件を設定する。(基本設定・GPS・パルス・時刻・トリガ・モニター出力)
  • 記録または再生する
    ・収録中のデータは、パソコン画面を利用してリアルタイムでモニターが可能です。
    (チャンネル毎の数値表示・バーメーター表示・波形の表示順の変更・重ねて表示も可能です)
    ・センサーの設定(TEDSもしくは実入力)やキャリブレーション後のデータの確認が可能です。
    ・LX-1000にアナログ出力アンプ(AR-LX1000)がセットされていれば、収録後のデータの確認が可能です。

パソコンによるデータ処理・解析を行う

・収録されたデータは、ティアック製データレコーダー共通のTAFFmat(TEAC Data Acquisition File Format)として保存されます。
・計測データ波形表示ソフトウェア(TX-ViewLX-View)で表示することが可能です。
・他社のフォーマットへの変換もご用意しております。営業までお問い合わせください。


LX-1000に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ