ティアック データレコーダーサイト

収録データフォーマット
TAFFmatとは

ティアックのデータレコーダーの収録データファイルフォーマットは、TAFFmat (TEAC Data Acquisition File Format)を採用しています。収録されたデータファイルが、PCアプリケーションから読み取るのことのできるファイルフォーマットです。収録データファイルはバイナリ形式、収録条件ファイルはアスキー形式で構成されており、汎用ソフトでの解析が可能になります。

ファイルの種類

WX-7000 / LX-1000 / VR-24 / es8では記録を一時停止または停止するごとにバイナリ形式のデータファイルとASCII形式のヘッダファイルがそれぞれ1つずつ作成されます。

※記録した場合、ファイルが作成されます。

ファイル名 形式
データファイルA/D データなどを書き込む。
バイナリ形式、拡張子「DAT」
ヘッダファイル記録条件などを書き込む。
テキスト形式(ASCII形式)、拡張子「HDR」
音声メモファイル音声メモデータを書き込む。
WAV 形式、拡張子「WAV」
GPSファイルGPSデータを書き込む。
拡張子「GPS」
CANファイルCANデータを書きこむ。
拡張子「CAN」
CANインデックスファイルCANデータの記録位置などを書き込む。
拡張子「CNX」
インデックスファイル記録条件などを書き込む。
テキスト形式(ASCII 形式)、拡張子「HDX」

ファイル名

データファイルとヘッダファイルのファイル名は共通で、指定のファイル名にID番号がつきます。ID番号は、新たなファイル名を指定するたびに「1」から始まり、記録を停止後(または一時停止後)に再開するたびに自動的にインクリメントします。また、記録時に同名、同一ID番号のデータファイルがすでにある場合は、その次のID番号になります。
ファイル名はNaviのファイル設定画面またはリモートコントロールユニット(オプション)の記録ファイル設定画面で指定します。半角英数字で29文字まで指定できます。このファイル名に001から始まる指定桁数のID番号がつきます。
SD記録の場合は3桁固定で最大32文字になります。
PC記録の場合は3~5桁が選択でき、最大32~34文字となります。

・ID番号が指定桁数を超えた場合、記録は停止します。

メディア上のフォルダー構造(例:LX-1000)

※記録した場合、ファイルが作成されます。

フォルダー種別 名称 詳細
マスターフォルダー LXDAT ルート直下に作成します。
この中でデータ管理を行います。
名称は固定です。
プロジェクトフォルダー 任意の文字
(例:LX-1000-DIR1)
マスターフォルダー下に作成します。
任意の名称を設定できます。
記録を開始する度にサフィックス(SDは3桁、パソコンは3桁~5桁)を自動で追加してフォルダーを作成します。
記録フォルダー 任意の文字
(例:LX-1000_)
プロジェクトフォルダー下に作成します。
任意の名称を設定できます。
記録データ 記録フォルダーと同じ 4GByteでファイル分割したい場合は、「ハイフン+3桁のサフィックス」を追加します。

フォルダー構造例

フォルダー構造例

パソコンに記録データを保存する場合、データ保存フォルダーは「ベースフォルダー」内に設定した「フォルダー」になります。

データファイル

AD変換されたデータは16ビットADの場合、-32768~+32767の2バイト整数値、24ビットADの場合-8388608~+8388607の4バイト整数値として記録されます。負数は2の補数で表されます。バイト順は下位バイト ⇒ 上位バイトのいわゆるインテルフォーマットです。データの順は第 1サンプリングのチャンネル順 ⇒ 第2サンプリングのチャンネル順 ⇒ ⇒ 最終サンプリングのチャンネル順となります。これをINTERLACED形式と称し、ヘッダファイルの STORAGE_MODEに形式名が記述されます。データファイルの構造を下図の例で示します。例に示すひとかたまりのデータを本書では1つの「スキャン」と呼びます。データファイルはこのスキャンの繰り返しです。

例:サンプリング周波数6kHz時の1スキャンのデータ

例:サンプリング周波数6kHz時の1スキャンのデータ

データを物理量に換算するには

AD変換値は、16ビットADの場合は-32768~+32767の整数値で、設定した入力レンジに対して入力が±100%のときに±25000になります。24ビットADの場合は-8388608~+8388607の整数値で、設定した入力レンジに対して入力が±100%のときに±6400000になります。入力値は次の式で求められます。入力値=データファイルのAD変換値×SLOPE+Y_OFFSET

・SLOPE、Y_OFFSETは後述のヘッダファイルの解説を参照してください。

ヘッダファイル

ヘッダファイルは記録条件などを書き込むASCII形式のテキストファイルです。ヘッダファイルには記録条件を項目ごとに1行で記述してあり、各パラメーターは「,」で区切られています。以下にヘッダファイルの例を示します。

ヘッダファイルの例

ヘッダファイルの例

ヘッダファイルの解説

DATASETファイル名
VERSION1に固定
SERIES各チャンネル名
DATE記録開始日(月-日-年)
TIME記録開始時刻(時:分:秒)
RATEサンプリング周波数(単位:Hz)
VERT_UNITS各チャンネルの物理単位
HORZ_UNITS時間軸の単位(Secに固定)
COMMENTファイル設定画面で入力したコメント
NUM_SERIES記録チャンネル数
STORAGE_MODEデータ順。スキャン順なのでINTERLACEDに固定
FILE_TYPE16ビットADの場合は、1データ2バイト整数なのでINTEGER
24ビットADの場合は、1データ4バイト整数なのでLONG
SLOPEデータを物理単位に変換するための係数
X_OFFSET先頭データの時間軸上の位置、通常は0
プリトリガー時はマイナスで設定値(秒数:小数点以下3桁)が書き込まれる
プリトリガーをスキャン数で設定しても秒の単位になる
Y_OFFSETデータを物理単位に変換するための加算定数
NUM_SAMPSチャンネルあたりの記録データ数
DATAこれより下の情報は本機種に特有のものであり、他機種のフォーマットとは異なることを示す
DEVICELX-1000
SLOTnスロットnに実装されたアンプの名称、チャンネル数
CH1_アンダーバーに続き、PAアンプはチャンネル名、アンプ設定情報(入力レンジ、カップリング、センサー電流、聴感補正フィルター、HPF設定)、AOアンプは出力レンジ、出力チャンネル設定
REC_MODE記録先デバイス(SD、PC、SD+PC)
END_TIME記録終了時刻
START_TRIGGER記録開始条件
COMMAND:コマンド
DATE:スタート時間指定
EXT:外部トリガー
TIME_OUT:タイムアウト
SYNC:同期記録
PRE:プリトリガーの場合に追加される
STOP_CONDITION記録終了条件
COMMAND:コマンド
LEVEL:レベルトリガー
TIMER:記録時間指定
EXT:外部トリガー
MEDIA_FULL:メディアフル
SYNC:同期記録
POST:ポストトリガーの場合に追加される
START_PRE_COUNTプリトリガーで記録したスキャン数
STOP_POST_COUNTポストトリガーで記録したスキャン数
MARKイベントマークがつけられた瞬間のスキャン数
VOICE_MEMO音声メモデータの1サンプルあたりのビット数、データサイズ(バイト)
LX-1000_VERSIONLX-1000のメインファームウェアとFPGAバージョン、アンプユニットのファームウエアとFPGAバージョン
DIVIDEファイル分割番号(4GByte単位でファイルが分割された場合に追加される)
SYNC同期記録設定

収録後データ解析ソフトウェア

TAFFmat (TEAC Data Acquisition File Format)フォーマットで収録したデータを表示させる、他フォーマットに変換、またはTAFFmatデータを直接読み込み解析が可能なソフトウェアをご紹介します。

TAFFmatファイルコンバーター

製品名 説明
AFC NEO TAFFmatファイルを他のフォーマットに変換
ファイル形式:TAFFmat/Text/Wav(16bit mono)/Merge(2 ファイルの)/Matlab/Head Acoustics/ATI/Universal/EDF/RPC3
※変換で処理できるファイルサイズは2GB以下のファイルです。
※変換先のファイル名やフォルダ名は日本語に対応していません。Windows で使用できる英数字を使用して下さい。
※データ(SHORT/LONG)型により変換できるファイルフォーマットが異なります。
※詳細仕様は、お問い合わせください。
TAFFfamos TAFFmatファイルをFAMOSにファイル変換
MATLAB mathworks社が開発したスクリプトファイル
EDAS-DS(ソフトウェア用) アプリケーションへのファイルコンバーター/コントロールAPI

計測データ波形表示ソフトウエア(ティアックオプション品)

製品名 説明
TX-View ティアック製レコーダーに対応するTAFFmat用ビューアーソフト
LX-View TAFFmat用データビューアーソフト(IIRフィルタ標準)

LX-1000用 解析ソフトウェア

製品名 メーカー 説明
SpectraView®LX Ver2 ハビリス FFT用ソフトウェア

WX-7000用 解析ソフトウェア

製品名 メーカー 説明
EDAS SIGnal Workbench コンカレント タービン振動テストシステム
SpectraView®WX ハビリス FFT用ソフトウェア

VR-24用 解析ソフトウェア

製品名 説明
VR View リアルタイムデータビューアー
(映像信号・アナログ信号・CAN・GPS・パルスデータを1画面上にすべて表示、再生)
RTA-VU リアルタイム解析ビューアー
(時間軸波形・パワースペクトル・オクターブ・カラーコンター・周波数応答関数・自己相関関数)

汎用解析ソフトウェア(TAFFmatファイル対応)

カテゴリー 製品名 メーカー
(輸入元)
説明
汎用 DADiSP CAEソリューション EXCEL等で処理できない大きなデータの処理が可能なソフトウェア
FlexPro HULINKS データを解析し提示する、パワフルで直感的なソフトウェアアプリケーション
SpectraView®LX ハビリス LXシリーズ用データ収録・FFT解析パッケージ
SpectraView®WX ハビリス WX用データ収録・FFT解析パッケージ
Rotary View® ハビリス 回転軸振動データ収録解析用ポータブルシステム
Oscope 2 小野測器 時系列データ解析ツール
DIAdem National Instrumentsu 計測データの後処理の効率を向上させる単一の統合型ソフトウェア
imc FAMOS 東陽テクニカ 波形解析ソフトウェア
騒音振動 ME'scopeVES システムプラス 機械・構造物の振動/音響現象の実験解析を簡単に処理
LMS Test.Lab Siemens 分析ツール
B&K PULSE HBM HBMグループB&K社製の音響解析ソフトウェア 16ビットのみ
タービンテスト EDAS SIGnal Workbench コンカレント日本 ガスタービン研究開発、エンジン製造試験設備用解析ソフトウェア
DADiSP
DADiSP
Oscope 2
Oscope 2
LMS Test.Lab
LMS Test.Lab
B&K PULSE
B&K PULSE
EDAS SIGnal Workbench
EDAS SIGnal Workbench