ティアック データレコーダーサイト

WX-7000 バージョンアップ履歴

更新日 アップデート内容
2021-09-16
バージョン 1.37
  • 同期動作でスレーブ機の物理変換係数が空白になることがある不具合の修正
2021-07-05
バージョン 1.35
  • 電源関連エラー通知処理不具合修正
2019-07-31
バージョン 1.35
  • MAIN FIRM 1.03で長時間記録したデータを連続再生すると本体表示が正しくない不具合の修正
2018-05-15
バージョン 1.33
  • 記録チャンネルが32以上の場合、レベルトリガが正しく動作しないことがある不具合の修正
2017-12-05
バージョン 1.32
  • メモ音声をONにして記録したデータを再生時、再生一時停止を行うと、以後メモ音声が出力されない不具合の修正
2017-06-02
バージョン 1.31
  • Windows10 32bit/64bit対応
  • TandbergData製 2TB RDX対応
  • PC記録中にデータ転送が間に合わなくなった場合に、エラーメッセージを表示するように変更
  • ティアック製加速度センサー 730ZT/731ZTのTEDS情報が読めないことがある不具合の修正
  • 連続再生中に再生が停止してしまうことがある不具合の修正
  • 記録チャンネル数が異なる同期記録で記録データサイズが不正になることがある不具合の修正
  • 記録チャンネル数が異なる同期再生で同期がずれることがある不具合の修正
  • 起動時キャリブレーション動作の精度向上
  • プリトリガーありで記録を行い、WX本体で再生およびイベントサーチを行った場合、時刻が正しく表示されない不具合の修正
2017-03-17
バージョン 1.29
  • Windows10 32bit/64bit対応
  • TandbergData製 2TB RDX対応
  • PC記録中にデータ転送が間に合わなくなった場合に、エラーメッセージを表示するように変更
  • ティアック製加速度センサー 730ZT/731ZTのTEDS情報が読めないことがある不具合の修正
  • 連続再生中に再生が停止してしまうことがある不具合の修正
  • 記録チャンネル数が異なる同期記録で記録データサイズが不正になることがある不具合の修正
  • 記録チャンネル数が異なる同期再生で同期がずれることがある不具合の修正
2016-06-28
バージョン 1.27
  • 5Hz更新のGPSモジュールに対応
  • WX本体で表示している記録可能時間が正確ではない問題を修正
  • 最後の記録チャンネルの物理量変換係数が正しく反映されない不具合の修正
2016-03-15
バージョン 1.26
  • 同期使用、IRIG/GPSボード有、RDXメディア使用の際に起動不良となる場合がある不具合の修正
  • 同期再生時に、再生一時停止すると一瞬全チャンネルにノイズが出力されることがある不具合の修正
  • 年と経過日数が入っているIRIG信号を受けると、日付が1日進んでしまう不具合の修正
2015-09-17
バージョン 1.22
  • 記録時と再生時でユニット数が異なる場合に、再生データが不正になる不具合の修正(記録ユニット)
  • IRIG信号の入力レベルによってはIRIG信号を認識できないことがある不具合の修正(AR-WXIRIGPS: IRIG/GPSモジュール装着時)
2015-09-07
バージョン 1.21
  • 同期時にICPモードを使用すると記録データが不正になる不具合の修正
2014-11-25
バージョン 1.20
  • レベルトリガーの検出ポイントがずれる不具合の修正
2014-08-08
バージョン 1.19
  • メディア空き容量が更新されないことがある不具合の修正
  • 同期再生時にFWD->PAUSEするとスレーブがSTOP表示になる不具合の修正
2014-04-09
バージョン 1.18
  • 連続再生動作修正
  • WX Navi実校正機能追加
2014-02-24
バージョン 1.16
  • ユーザーサイドアップデート ファーストリリース
  • 128ch再生時の不具合修正