ティアック データレコーダーサイト

CANモジュール

次世代車載ネットワーク【CAN FD】に対応した
LX-1000用CANモジュール。

LX-1000用CANモジュール AR-LXCAN1000

PDF

主な特長

CAN FD(CAN with Flexible Data rate)対応

多ポートのCAN収録に対応

1モジュールに2ポート搭載、最大4モジュール(8ポート)まで実装可能

アナログ入力信号(振動・音・ひずみ等)と同時計測が可能

計測内容に応じてCANモジュールの追加が可能

2つの収録モードを選択可能

1. シグナルモード

予めCANデータベースファイルのシグナルを指定することにより、必要なCANデータのみを収録します。
このモードの利点は、必要なデータのみを指定して収録するため、収録データ量の削減や処理の効率化が図れます。

2. 丸取りモード

試験の準備段階でシグナル指定を行うことなく簡便にCANデータを収録します。
このモードの利点は、CANに精通していないオペレーターでも簡単・確実にバス上の全てのCANデータを収録でき、試験後に必要なデータの確認・解析を行えます。

仕様

※1 条件により、記録可能な実効速度に制限が発生する場合があります。
※2 記録したCANデータをLXK Navi等でモニターする機能です。CANデータを出力する事は出来ません。

入力ポート数 2
入力コネクター D-sub 9pin
対応プロトコル CAN 2.0A(11-bit 識別子)
CAN 2.0B(29-bit 識別子、拡張フォーマット)
ISO 11898-1:2015(CAN FD)
ボーレート ※1 125 / 200 / 250 / 500 / 1000 / 1250 / 2000 / 2500 / 4000 / 5000kbps
収録モード 丸取り/シグナル取り ※モードはLX全体で排他
IDフィルタリング数 32/ポート(丸取りモード時)
シグナル登録数 32/ポート(シグナル取りモード時)
再生 ※2 対応予定
バスモード Normal/Listen Only
CANdb対応 対応予定
間引きモード 10 / 20 / 50 / 100 / 200 / 500ms、1 / 2 / 5s
終端抵抗 切り替え可
上限記録レート ポート単位で設定可
記録フォーマット 独自フォーマット
シグナルモニタ 対応予定
絶縁 ポート間絶縁
構成制限 CANは最大4モジュール