ティアック データレコーダーサイト

セレクト構成

LX-1000は、お客様のニーズに応じた構成で納品させていただきます。

LX-1000シリーズは、本体(LX-1000) と拡張ユニット(AU-LX1000EPIO)で構成されます。拡張ユニット (AU-LX1000EPIO) を増設することにより入出力チャンネル数を増やすことができます。1台の本体に対して拡張ユニット (AU-LX1000EPIO) を 3台まで増設することができます。

セレクト構成 LX-1000 + 拡張ユニット AU-LX1000EPIO

セレクト1:収録チャンネル数でモデルを選択

●16チャンネルモデル(本体のみ)
セレクト構成 LX-1000 16チャンネルモデル(本体のみ)

4ch×4スロット=16ch

●32チャンネルモデル(本体+拡張1台)
セレクト構成 LX-1000 32チャンネルモデル(本体+拡張1台)

4ch×8スロット=32ch

●48チャンネルモデル(本体+拡張2台)
セレクト構成 LX-1000 48チャンネルモデル(本体+拡張2台)

4ch×12スロット=48ch

●64チャンネルモデル(本体+拡張3台)
セレクト構成 LX-1000 64チャンネルモデル(本体+拡張3台)

4ch×16スロット=64ch

※拡張ユニット(AU-LX1000EPIO)を複数接続した 場合、チャンネル番号は左上が1、右下が最後(32、48、64)になります。
※同期オプション使用で、最大256チャンネル収録が可能です。

セレクト2:アンプの種類とチャンネル数選択(4チャンネルで1スロット)

例1)セレクト1で、32チャンネルモデルを選択

セレクト構成 LX-1000 セレクト1で、32チャンネルモデルを選択

8スロットすべて、アナログ入力アンプモジュール(PA)選択
4ch×8スロット=32ch

例2)セレクト1で、32チャンネルモデルを選択

セレクト構成 LX-1000 セレクト1で、32チャンネルモデルを選択

4スロット×アナログ入力アンプモジュール(PA)を選択
4ch×4スロット=16ch

4スロット×アナログ出力アンプモジュール(AO)を選択
4ch×4スロット=16ch 計32ch

例3)セレクト1で、48チャンネルモデルを選択

セレクト構成 LX-1000 セレクト1で、48チャンネルモデルを選択

4スロット×アナログ入力アンプモジュール(PA)を選択
4ch×4スロット=16ch

4スロット×ひずみ入力アンプモジュール(ST)を選択
4ch×4スロット=16ch
+ 冷却ファンユニット(オプション品)ユニット毎に装着
※ひずみ入力アンプモジュール(ST)使用時には必須です。

4スロット×アナログ出力アンプモジュール(AO)を選択
4ch×4スロット=16ch

※LX-1000は、1スロット単位でアンプモジュールを追加する事が可能です。

※異なる種類のアンプモジュールを実装する際は、スロット番号の若いほうから、AR-LXPA1000、AR-LXST1000、AR-LXAO1000の並びで実装してください。

※使用しないスロットには、ブランクパネルが付きます。(オーダー時のみ)

セレクト3:オプション品の選択

※ひずみ入力アンプAR-LXST1000を実装したモデルには必須になります。

リモートコントロールユニット ER-LXRC1000
冷却ファンユニット※ TZ-LXFAN1000
バッテリーユニット BU-LX1000 最大3つのバッテリーパックNP-7LSを収納可能
バッテリーパック NP-7LS
バッテリーチャージャー JL-2PLUS 1回で2本のバッテリーパックNP-7LSを充電可能
GPSレシーバー LXGPS18X(5Hz)
キャリングケース CS-LX1016(16chモデル用) カスタマイズ可能
CS-LX1032(32chモデル用) カスタマイズ可能
フロントハンドル TZ-LXFH1000
車載アダプター TZ-LXVMKシリーズ
DC電源ケーブル CL-DRDC